ガイドが行ってしまったので、私と息子は温泉の入り口で、温泉の説明の看板を読んだ。
 書いてあるのは温泉のミネラル成分についてだ。ここではガイドブックのデータを紹介する。
 特に高いのがカルシウムで446mg / L、マグネシウム106mg / L、炭酸1055mg /L、硫酸651mg /L、ケイ酸350mg / L。
 もしも温泉水を飲んだら炭酸水と同じように爽快(そうかい)な味がするのだろうか?
   
 レストハウスを通り抜けて、南の国のリゾートホテルの屋外カフェのような樹木が茂っている場所に出た。ガラスの屋根の下には、籐椅子とむくの木のテーブルがあった。
 座りたかったが空いている席がない。
 花が咲いているキョウチクトウの茂みの向こうには、青い水をたたえた池があった。
 40人そこそこの水着を着た観光客たちが、水中の白い石材にしがみついている。
 石材の形状は様々で、てんでに温泉の中に散らばっている。
   
 私はNHKのテレビ番組(世界遺産) で温泉プールを見てから、パムッカレのローマ時代の温泉プールに憧れていた。
 番組の中の温泉プールは水晶のように透明で、炭酸の泡を発生していた。地震の時に倒れたローマ時代の神殿の円柱が水の中にある。
 建物の石材は水中にあっても、柱の縦に刻まれた彫刻跡ははっきりと見ることができる。
 解説員はプールの中に倒れ込んだ石材があると言った。
 だから、私は、地震の時に温泉の近くにある神殿がプールに倒れ込んだと思っていた。
 しかし、これは、誤解で、帰国後、旅行ブックを読んで見ると、地震の時に倒壊した都市の遺跡の上に、泉の水が貯まって自然の池になったのだという。その結果が自然の温泉プールのできあがりなのだ。
 ローマ市民は別に浴場を持っていた。私は正確なことを知らなかったし、実際に見たプールの状態がNHKの番組とは違っていた。
 目の前のプールの水質はきれいとは言いがたい。水面には植物性のプランクトンの薄皮が浮いている。
 濁りのために、水中の建物の建材の輪郭もはっきりしない。
 私にはこの池がNHKが紹介した古代温泉プールとは思えなかった。
   
 私たちは大変混雑したドリンクバーで缶入りコーラを買って、立ったままで飲んだ。
 私は息子に言った。
 「この池の様子はNHKと違うよ。NHKが取材した後で遺跡保存のために、観光客用にトルコ政府が建設した複製のプールと違うかな? ホントのプールは考古学博物館の中じゃないかな?」
 (ガイドブックは述べていた、博物館の建物はローマ大浴場の復元物だと。)
 そこで私たちは広場に出た。
 博物館に来ると券売所の職員に、「博物館の中に古代プールはありますか?」
 彼の答えは「No ! 」
 プールのレストハウスと博物館は大変近い。百メートルぐらいだ。
 しかし私は、大変疲れていた。私たちはプールのそばに帰ってきた。私が思い違いをしたために、大変な無駄骨を折ってしまった。
 しかし息子は文句も言わない。
 無駄に使った時間が惜しいよ!
 私たちはプールの観光客を見ていた。
 もしも泳ぐとすると、パスポートや貴重品をロッカーに預けなければならない。海外に来て万が一盗難に遭ったら打つ手なしだ。
   
 息子が言った。「母ちゃん、ぼくは劇場が見たいなあ‥‥‥!」
 劇場はプールから山に向かう途中にあった。
 この辺りの丘陵には木が生えていないし、植物も見かけない。
 禿げ上がった山の斜面は太陽の光を反射して眩(まぶ)しかった。
 私たちが周遊車に乗った時は、遠くだったから見ることができたのだ。
 劇場までいったいどれだけ時間がかかるのかわからなかった。
 劇場の下の建物までは、大変近いように感じられたが(百メートルぐらいだろうか)、いざ歩き始めてみるとどんどん遠くに感じられるのだった。

Ancient pool 古代温泉プールの看板の説明

同じく成分表

アンシエントプールで水中に沈んだ神殿の柱に
つかまってのんびりと夏の午後を楽しむ観光客。

パムッカレにある古代遺跡ヒエラポリスのアンシエントプール(古代プール)で水中に沈んだ神殿の柱につかまってのんびりと夏の午後を楽しむ観光客。

プールサイドの休憩スペースでくつろぐ人々。

人魚姫かと思ってしまうような金髪の少女。

ページの先頭へ↑書籍公開に戻る

Copyright(c) 2015 トルコ旅行記 All Rights Reserved.