ごあいさつ

 

 201* 年の夏、イスタンブールの旅行社のアレンジで60才間近の主婦の私は高校二年生の息子と12日間トルコを観光しました。真夏の夜行バスも利用しての個人旅行でスルーガイド無しの初めての中東の旅でした。団体旅行とは違って現地の人やよその国の観光客に混じっての意思の疎通に失敗したり病気になったり、ドキドキの旅でした。苦労したにはしましたが、大好きなローマ帝国やオスマントルコの歴史を肌で感ずることができ、遺跡の風情は脳裏に刻み込まれて忘れることはないでしょう。

 今日みなさまにこの様な無料閲覧ホームページをご用意いたしましたのは、十年来学んでいる中国語の週一回のグループレッスンで旅行の体験を少しずつ書き続けて発表しているうちに、日本に大勢来ている留学生や就学生の方々に余暇に楽しみで読んでいただき同時に語学の学習に役立てていただけたらと思いついたのが始まりです。
まず一年目は手書きの中国語で執筆し中国語学院で文法上の添削を進め、二年目はそれを日本語に置き換えました。三年目は中国語をピンイン(発音記号のローマ字)でパソコン入力し、東海地方の大学で教鞭を執る中国語のネィティブの先生に完成度の高い文章に推敲していただくことができ中国の方々にも読んでいただけるレベルにすることができました。そして四年目、一粒書房のスタッフの皆さんのご尽力でようやくいずれも現地の写真を美しく編集した堂々35ページのカラーグラビア付きのB5日本語版、A5中国語版の二冊の書籍として出版することになりました。
ほぼ完全な対訳となっていますので、ご自分の目的に合わせてご自由にご利用ください。
書籍は日本国内の中国人学生の多い日本語教育機関(大学、民間の日本語学校)や公立の図書館に各200冊の贈呈を予定しております。またアマゾンおよびこのホームページへのお申し込みで販売予定です。

 ホームページも日本語版・中国語版の2部構成です。書籍に載せられなかった約500枚のカラー写真が簡単な説明とともに掲載され拡大してご覧いただけます。
お近くの図書館にない場合や購読できない方のために旅行記の本文を部分的に逐次間隔を開けて追加公開し、最終的に全128章無料公開いたします。スマホ・パソコンでご覧ください。
 このホームページを通じて杉浦母子の体験したトルコ旅行の醍醐味を幾ばくかなりとも感じ取っていただけましたなら著者の私とデザイン・プログラムを担当いたしました Naohiro Kutsuna の喜びといたすところです。
 ご挨拶が長くなりました。ではホームページの書籍公開を開いて私どもとまずはイスタンブール・アタテュルク空港でお会いし、ご一緒にトルコの旅に出かけましょう!

2016年9月25日  杉 浦 雅 子


ページの先頭へ↑トップページに戻る

Copyright(c) 2015 トルコ旅行記 All Rights Reserved.